コトコト日記


<   2010年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧



ルーアンの教会


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 今日は、フランス時代のわたしと教会についてお話します。


 フランス時代は、どこの店もだいたい週休2日でした。

 やってみたい事、行ってみたい店、食べてみたい物はたくさんあったのですが、

 なにしろ貧乏遊牧民だったわたしは、

 休日に星付きレストランばかり行けるわけでもなく・・・

 カフェに行く事も少し節約したりしていました。

 フランスは幸い街のあちこちにベンチや、芝生、

 みんな自由にそれぞれの時間を楽しむ場所を持っているようでした。

 そんななか、わたしの居場所の定番はいつも教会。

 なぜ?って思われるかもしれませんが、

 なにしろ、落ち着きます。

 しかも、どんな田舎の集落でも、

 絶対に、街には一つ以上教会があります。

 かつ、誰でも迎え入れてくださる。

 椅子があるのも魅力です。

 わたしは、フランス生活時代

 行く先々で教会を見つけ、

 自分の席を見つけ、

 休みの度にボケーっとしに行ってました。

 キリスト教の信者ではなく、

 教会に特別な思いがあるわけでもないのに

 どこの街でも、大きくても小さくても、

 すっとわたしを受け入れてくれる教会。

 特にルーアンの教会での滞在時間は長かった。。。

 居心地が良すぎて、

 いつも居眠りをしてしまっていました(;一_一)

 街を歩いて疲れると、

 教会に駆け込み、ゆっくりしすぎてzzz・・・

 秘かなわたしだけの時間のつもりが、

 同僚につい話してしまい、

 ”ユカは酔っぱらって教会でいつも寝ている”

 と、ちょっと違ったかたちで皆に知られることとなりました(笑)

 
 日本に帰ってきてからも、

 行く先々で教会をさがしてしまいますが、

 日本の教会はキリスト教徒ではないわたしにはなかなか入りづらい。

 伊勢神宮にはベンチは無いけれど、

 神宮に行ってボケーっとすることが多くなりました。

 ゆったりと自分を見直す時間は

 わたしはいつも神様の前だったんだなぁ。

 フランスで見つけた習慣

 日本でも続けています。

 
 ちょっと変!?


 お許しください。。。


 いつもありがとうございます。


 
 

 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-20 06:06 | フランス道中記

写真!近日公開!


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 撮りました!

 ついに!料理写真!

 といっても、

 正確には撮っていただきました。

 わたしが数年前に購入したカメラは

 すでに化石となっていたので、

 カメラもある方に甘えて、

 撮影もおまかせして、

 わたしはその臨時カメラマンさんに

 食べていただく料理を、ただただ一生懸命作りました。

 わたしが撮影しなかったおかげで、

 とっても良い写真を撮っていただけました。

 感謝!!

 近日中にブログに載せていきたいなと思います。

 ホームページのコンセプトはそのままに、

 ブログの方で、

 ちょこちょこ写真を載せていけたらなぁと・・・希望

 そのたびに、臨時カメラマンさんにお願いしないと・・・

 わたしの腕では、

 人に見せられる写真は撮れなさそうです(;一_一)

 まぁ、努力します!!

 

 お楽しみに!

 ありがとうございます。
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-19 07:24 | メニューのこと

 料理写真。


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 今日は料理の写真について。

 ココット山下のHPには、

 写真が一枚もありません。

 当初は、メニューや料理写真などは

 日々、ブログで紹介していければ・・・

 という気持ちでした。

 が、実際オープンしてみると、

 試作して盛りつけて、撮影して・・・って全然できてない!

 作った料理は一刻も早くお客様にお届けしたい!

 もともと撮影のために作る料理って好きじゃない。

 食べてくれるお客様、家族がいるから

 そこに心がこもる。

 そんなこんなで、

 写真のないHP、ブログになってしまいました。

 でも、改善します!

 ちょっとずつ写真も入れていきます!


 これからは、変わってきますよ!

 なーんて、

 自分にプレッシャーをかけてみました。

 写真や記録する事が苦手な店主でした。


 いつもありがとうございます。



 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-18 08:32 | メニューのこと

    ビズ。


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 今日はまたまたフランスのお話。

 TVや映画などで時々目にする ”ビズ”

 そう、挨拶代わりにほっぺにチュッ、チュッってするあれです。

 フランスに渡った当初は

 ひどく照れくさくて、

 いつもドキドキしながら、

 緊張していました(>_<)

 とは言っても、

 実際にビズをしなければいけない状況はそれほど多くはありませんでした。

 わたしの知るビズの法則は、

 *女性には必ずする。(出会った時、別れ際)
 
 *親近感のある男性にもする。(かなり盛り上がってオーバーアクション)

 *仕事(厨房)場ではしない。

 *頬と頬をくっつけるだけで、実際はチュッとはしない。

 *原則左右合わせて2回。(盛り上がると偶数回づつ増えていく・・・エンドレス・・)

 ざっと思いだせるのは、こんなところです。

 実際に口をほっぺに付けなければいけないと思っていたわたしは、

 当時、ビズの機会が回って来ませんように・・・っていつも念じていました。

 が、よくよく見ていると、

 誰も口なんか付けていない!

 最初の頃、どうして良いのかわからず、

 チュッと口を付けてしまっていました(;一_一)

 相手はびっくりしただろうな・・・

 が、慣れてしまうと本当に挨拶になってきました。

 休みの日に遊びに出かけた時など、

 いつも、厨房での挨拶は握手だった相手とビズを交わしたりすると、

 ちょっと照れくさかったり・・・

 女性として扱われていない場面では、

 ビズはしなかったので、

 ちょっと照れやのフランス料理人なんかは

 何人か女性がいる場面でも

 同僚じゃない女の子にはビズをするけど、

 同僚であるわたしには、休みの日も、外で会っても、握手だったり。

 女性扱いされることを喜ぶべきか、

 仲間扱いされることを喜ぶべきか・・・

 そんなくだらない事を考えたりもしたなぁ。

 まぁ。

 フランスでは、断然女性の方が

 過ごしやすかったと思います。

 
 こういう仕事をしていても、

 女性らしさ忘れないようにしなきゃね。

 日に日に強くなっていってますから・・・(笑)


 今日もありがとうございます。




 

 
 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-17 06:13 | フランス道中記

  田舎のお盆


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 昨日はお盆休みをいただき、

 田舎に行ってきました。

 祖母が住んでいた家

 90歳まで一人暮らしを楽しんでいた祖母、

 亡くなる直前まで家庭菜園を生きがいにしていた跡が

 たくさん残っていました。

 伊勢に最後に来た時に、

 一緒に買いに行った野菜の種は、

 残念ながら封を切られることなく残っていましたが、

 ベランダには、楽しみに育てていた枝豆などの跡がありました。

 祖母のいない祖母の家で

 家族で食事をするのは、何か寂しい気もしましたが、

 お盆でなければ集まれない人達が

 いろいろな所からやってきて

 いろいろな話をしてくれるのも良いもんだと思いました。

 わたしはというと、

 田舎でお盆を過ごすのは15年ぶり位で、

 久々に大量のお線香を見て

 子供の頃を思い出しました。


 皆に見送られて、祖母はご先祖様のもとへ向かったのかしら?

 
d0177251_6392266.jpg


 ありがとうございます。




 

 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-16 06:40 | 日々のこと

ドリップマスター!


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 我が店のコーヒーマシーンが壊れてしまいました。

 オープンしたばっかりなのに・・・

 でも、大丈夫。

 我が店には以前お話したように

 自家焙煎珈琲店開業予定の

 ドリップマスターがいます!

 なので、

 マシーンが直るまで

 ハンドドリップのコーヒーが

 ココット山下では楽しめます。

 よろしければ、

 ホッとひといき

 いかがでしょうか?

 一杯一杯、

 心をこめて淹れてます!


 
 さて、今日、明日と

 ココット山下はお盆休みをいただきます。

 皆さまにはご迷惑をおかけしますが、

 ココット山下の開店を

 楽しみにしていた祖母の魂を見送ってきます

 
 
 いつもありがとうございます。
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-15 06:30 | 日々のこと

   夏休み


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 外宮参道で仕事を始めて

 初めて目にした事が1つあります。

 外宮さんに向かって、毎朝拝んでいる地域の方々の姿です。

 外宮さんまで出向いてお参りするわけではなく、

 まさに生活の一部で、

 あたりまえの

 おかげ様。

 習慣になっているのです。

 そんな姿を目にする度に

 いいなぁ。

 伊勢って。

 そう思います。

 われわれココット山下も、

 店内に神棚をお祀りし、

 毎朝、ニ拝二拍手一礼

 スタッフ全員でさせていただきます。

 一日のはじまり、

 すっと、心を落ち着けるのに本当に良いです。


 今日も頑張ってます。

 ありがとうございます。
 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-14 05:55 | 日々のこと

フランス人とデート・4


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 今日は、ようやく

 フランス人とデート!?にオチがつきます。

 
 さてさて、レストランで楽しい時間を過ごしたわたし。

 いろいろ勉強になることもありました。

 帰り際に、ちょっと電話と席を外した彼、

 ”さあ、帰ろう”

 と、急に急ぎだします。

 車に乗り込み、出発!

 わたしの住むアパートに送ってくれると思いきや、

 ”今日はうちの離れに泊っていって”

 と言い出します。

 なんのこっちゃ解らないわたしは、

 ”明日仕事だし、着替えも持ってないし、帰りたい”

 と訴えましたが、通らず。

不安がるわたしに、彼は早口で

 ”今日はオレの誕生日なの”

 ”彼と一緒に過ごそうと思ってたら、仕事で無理ということになって、

 寂しいからユカを誘ったんだけど”

 ”だけど?”

 ”彼が急きょ帰ってこられるようになったから、

 悪いけど、今日はうちで泊って”

 って、

 ”ああ?今何とおっしゃいました?”

 な、状態!

 わたしのフランス語力がたりないのかしら? 

 いや、確かにそう言った!

 結局は、誕生日を一人で過ごしたくない彼の乙女心を

 わたしは何も知らずに、浮かれていたのです!

 まあ、代打に選んでいただけただけでもラッキーでした(笑)

 だって、

 一面のひまわり畑を見られたり、

 フランス人と二人でレストランに行けたのですから!

 ちょっとした笑い話。

 という、オチでした。

 
 どこに行っても、モテない店主の笑える想い出。

 今日も読んでいただき、ありがとうございます。
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-13 06:06 | フランス道中記

初の定休日!


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 昨日は初の定休日。

 おかげさまでゆっくり休む事ができました。

 以前のわたしなら、

 休日は必ず仕込みをしていたのに、

 休みは休もう!

 そう決心しました。

 保険所や銀行などの諸雑務を済ませてから、

 開店時にいただいた沢山のお花達のメンテナンスで癒されました。

 ちょっとづつほころびが出てきたアレンジメントのお花達、

 一本一本水切りをして、

 残念ながら枯れてしまったお花は処分して、

 新しくアレンジしなおしてみました。

 お花にふれていると、

 不思議とこころが落ち着きますね。

 香りのせいもあるのかしら?

 わたしの名前にも華という文字が入っています。

 来ていただいたお客様に

 ゆっくりしていただける店になるといいなぁ。

 今はまだ、バタバタですけれど・・・・


 いつもありがとうございます。


 

 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-12 05:53 | 日々のこと

フランス人とデート・3


 伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

 昨日にひきつづき、フランス人とデート?のお話です。

 
 素敵な風景を見て、フランスって良いなぁと思ったわたし。

 その後は、馬を返して、

 にわとり小屋に連れて行ってもらいました。

 産みたての、温かい卵を触ったのはその時が初めてで、

 卵は食材だとしか思っていませんでしたが、

 ”あぁ、生き物なんだなぁ。”

 にわとりの子供達。

 ありがたくいただかないと。

 そう思った瞬間でした。


 さてさて、夜になり、

 いよいよレストランディナーです!

 全くの普段着のわたしは、

 少し気おくれ気味。

 なるべくカジュアルなレストランがいいなぁ

 そう思っていると、

 連れていかれたのは、素敵なレストラン。

 星付きではないけれど、

 その街で一番のお店だそうです。

 笑顔のマダムのお出迎えに

 スマートなサービス。

 自分の服装を心底後悔しました。

 でも、日本人同士でレストランに行く時とは、お店側の対応が少し違いました。

 フランス人のスーシェフに連れられているおかげで、

 良い席に案内され、

 食前酒も、ミネラルウォーターの注文も、

 ”こうやって言うのか。今まで通じていて、ちゃんと注文できていたのは、

 本当に通じただけ、というレベルだったんだ。”

 流れるようななめらかさで食事がスタート。

 ゆっくりゆっくり時間をかけて食事を楽しむフランス人。

 さて、わたしの語学力で間がもつのか・・・

 レストランにいつもの辞書を持って行くなんて・・・無いなぁ・・・

 そう思ったわたしは、辞書不携帯!

 スーシェフはわたしにも理解できる表現を、探して選んで

 ゆっくりと話してくれました。

 そのおかげで、内容はあまり無かったけれど、

 ゆっくりと会話と食事を楽しむ事が出来ました。

 一番興味があったワインの注文!

 分厚いワインリストを渡された彼は

 じっくりと時間をかけて選びました。

 当時は、今のわたしからは想像できない程、

 少ししかお酒が飲めなかったわたし。

 一口だけ飲むと彼に伝えると、

 彼は、サヴィニーレボーヌのハーフボトルを注文しました。

 ”うわぁ!本と一緒だ!”

 わたしは心の中でつぶやきました。

 当時、フランスに行く料理人のバイブル

 料理に使うフランス語の本の中で出てくるフレーズと全く一緒だったのです!

 サヴィニーレボーヌと聞くと、今でも当時の事を思い出します。

 さて、これからがクライマックス!

 ソムリエさんが大切そうにワインを持ってきて

 彼は確認をします。

 さらっとスマートに抜栓されたワイン

 彼がテイスティングし、わたしのグラス~彼のグラスにワインが注がれ

 軽く会話を交わしテーブルから離れていくソムリエさん。

 一連の動作はセレモニーを見ているようで、

 会話の内容は理解できなかったけど、

 とても印象に残りました。

 フランス人はワインを飲む時も、ゆっくり、じっくり。

 大きなグラスを揺らしながら

 何度も香りを楽しんで

 やっと口に含む姿を見て

 ”あぁ、ワインってそうやって楽しむんだ”

 と思いました。

 フランス人とワイン

 切っても切れないなあ・・・



 今日も長文にお付き合いいただき、

 ありがとうございます。




 
 



 
[PR]


by ise-cocotte | 2010-08-11 09:42 | フランス道中記


小さな料理店店主の日記。
by ise-cocotte
プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

サスペンションのような人
at 2018-09-18 21:11
そもそも違うということ
at 2018-09-17 23:00
考えるより…
at 2018-09-05 16:37
台風の影響
at 2018-09-03 19:39
じわじわじわじわと
at 2018-08-30 16:29

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル