コトコト日記


<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧



林檎のチーズケーキ!

伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です!

明日から、林檎のチーズケーキ販売開始します!

山下製パン所にて

大きいの¥1500

小さいの¥650

限定販売ですので、お早めに^ ^


今日もありがとうございます!
d0177251_17115517.jpg

d0177251_1711561.jpg

[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-18 17:07

未来に続いていたもの 4

伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

未来に続いていたものシリーズ第4弾はこれ。

6年前に出会った。
d0177251_12411449.jpg


文脈棚を知るきっかけになった近所の本屋さんで最初に購入した本だ。

「自分の仕事をつくる」

まず題名に引き寄せられた。

当時、東京のレストランで働きながら、

働くって?仕事って?人生って?

って、毎日考えていた。

好きで、気にかかって仕方がない事を仕事にしたけど、

不器用で思うように出来ない自分が歯がゆかった。

続けて行った先に何かを見いだせるのか?

だいたい続けられるのか?

自分の価値≠経験≠年齢≠技量≠需要

一生懸命生きてきたつもりだったけど、

何がどうなって、こんなアンバランスが出来上がってしまったのか?

いい歳をして何者にもなっていない自分の

どこをどう直したら一人前になれるのか?

そんな事ばかり考えていた。


この本は、面白そうな人たち(それぞれのやり方で仕事を成している方々)に、

西村さんという方がインタビューをした内容が記されている。

なるほど、それぞれのやり方、働き方、考えがあって、

題名の通り、

その人たちは、自分の仕事を自分でつくっているのである。

そうかそうか。やっぱり出来る人は違うなぁ。。。

と、思い、当時はその時の自分との差を途方もなく感じて読むのが辛かった。

そして、その本の、その作者の方の伝えたい真意を全く感じ取れなかった。


それから何年も、度々本屋さんで出会うその方の本の続編に手を伸ばしつつも

なかなか感情移入出来ない自分がいた。

ちょっとした苦手意識。。。

が、気になって仕方がない。

何でかなぁ?

でも、買ってしまう。

痛いところつつかれるからかなぁ?



先日つい買ってしまってなかなか開けずにいた本を、あまり気が乗らないままに読み始めた。

「かかわり方のまなび方」
d0177251_12443832.jpg

やっぱりまた今の自分の気にかかるところにズンと差し込んでくる内容で、

何やろ?この人の本。。。

と思いながら、読み進めると、

あれ?進む。

今までは、読み進めるのにチクチクして、なかなか進まなかったのだけれど、

今回は、もっともっととスラスラ読めて自分でも驚いた。

そして、あとがきの中に「自分の仕事をつくる」について書かれている文を見つけてハッとした。

6年前に読んだ本の事、今になってやっと少し理解できたのだと思う。

そして、今回読んだ本の中に、過去の自分と、今の自分、未来の自分を見つけ、

痛かった意味、興味の先、

行ってみようと思う方向、

つながっていたんだなぁ。。。と、実感した年末の読書だった。

来年につながる予感。


今日もありがとうございます!
[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-16 12:42 | 日々のこと

Boys!


d0177251_038662.jpg
伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

今日は嬉しいことが二つ!

ランチタイムに、小さなおひとりさまがやってきた。

ボウイスカウトの制服を着たかわいらしい男の子。

いつもはご両親と来てくれてたのに、今日は一人だった。

5年生とは思えないほどしっかりとした受け答え。

みんなで感心した。

きっとご両親が忙しくって、

ココットで食べてきなさい。

とか、言われてしぶしぶ来たに違いない。と、思っていたら、

なんと、自ら来てくれたそうだ。

お父さんからの今日のミッションは、

外宮さん界隈で一人でお昼を済ませること。だったらしい。

ミッションを下したお父さんも、

きっと、山下製パン所でパンを買って、山村牛乳さんで牛乳を買って済ませるだろうと思っていたそうだ。

それが、予算内だから。と、

ココット伊勢うどんを一人で食べに来てくれたのだから驚きである。

帰り際にありがとうね!と、声をかけたら、

顎と鼻の頭に、ココット伊勢うどんのタレと半熟卵が絡まったのがチョコンチョコンと付いていた。

かわいいなぁ。。。

かわいいなぁ。。。

でも、すごいな。

また来てほしいなぁ。。。

と、思いながら小さな背中を見送った。


そして!

今日のもう一人のboy!

なんと、あの!

子供落語家から電話があったのだ!

覚えている方も多いと思う。

去年の大晦日のカウントダウン落語のあの、ボタンくんを。

去年は6年生だったから、今はもう中一のはず。

電話の声がちょっと声変わりしていてびっくりした。

落語上手くなったかな?

背伸びたかな?

ネタの数増えたかな?

一年ぶりに成長が見られるなんて、楽しみで楽しみで仕方がない!

年越し3兄弟だと思っていたけど、

4男も加えて4兄弟に増やしておこう(笑)


大晦日、落語も見に来てくださいね!


今夜は満月。

今夜もありがとうございます!
[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-07 00:40 | 日々のこと

文脈棚


伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

文脈棚。

そんな言葉があることを知ったのは6年前。

東京の下町に住んでいて、

近くに大型書店がないのがちょっと寂しいなぁと思っていたころだった。

休日に大きな本屋さんを端から端まで見て、重くて持てないくらい本を買うのが楽しみだった。

自分の興味の矛先が今、どこに向かっているのか知る意味でも本屋さんは良い場所だった。

地下鉄に乗って、大きな書店に行って帰ってくるだけで一日が終わってしまう事もあった。

けど、

ある日、散歩の途中にふらっと近所の小さな本屋さんに立ち寄ってみたところ、

小さな小さな店内からなかなか出られなくなってしまった。

ヤバイ。。。

気になる本が数珠つなぎに並んでいて、選びきれない。。。

一周回って、二週回って、三週回って、

いつもだったらチェックした本をどんどん絞り込む私だが、

周を重ねるごとに買いたい本が増えてしまってヤバイ。。。

意を決して、近所だからまたすぐ来られるから、と、自分に言い聞かせて、

最初に気になった1冊を買って家路についた。

次の休みにも気になってまた行ってみたら、

やっぱりまたヤバイことになった。

さらに、もっと読みたい本が間間に、挟み込まれていて、

何周もグルグル回ってまた1冊買った。

この本屋さん、なんか、他と違う。

下町のゆるさを前面に出した店頭とは裏腹に、

棚の中の本は、棚ごとに物語をつくり、

その隣の棚にまた誘われるように進んでしまう。

棚の一つ一つは物凄い個性を打ち出しつつ、

心地よい不揃い感で引き付ける。

そして、何かを訴える。

店員さんの顔を見た。

納得の面構え。

なんか、キラキラというか、ギラッとしてるというか、艶があるというか、

そこにいる意味がある人の顔をしていた。

この人の意思でこの棚は作られているんだろうなぁ。

と、思った。

あまりにも気になったので、家に帰って検索してみたら、

その本屋さんは、その筋では(どの筋?)有名な本屋さんで、

その店長さんも、そのようだった。

その時初めて文脈棚の存在を知り、

私はその本屋に毎週行かないと気が済まなくなった。


さてさて、そしてふと今日は思いついた。

ワインリストが文脈棚だったらどんなに楽しいだろう。

地域やら、品種やら、お値段やら、

そんな順番じゃなくて、

もうちょっとパーソナルなカテゴリーのつながりを楽しむ文脈リスト。

作ってみたいけど、

そんな知識もないし、

でも、そんなリストのあるお店に行ってみたいなぁ。。。

めっちゃ通いつめたくなってしまうんやろなぁ。。。

いつかそんなリストを作ってみたいなぁ。。。


もっともっと勉強しよ!!!


個人的なブログでごめんなさい。


いつもありがとうございます。
[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-05 01:30 | 日々のこと

keep


伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

ピラティスから始まる休日。

今朝は私にはちょっとハードワーク…痛痛痛。。。(笑)

しんどい姿勢でkeepするのってめっちゃしんどい。

息もできないくらい。

でも、ちゃんと呼吸するように指導されて、

息も絶え絶えkeepして、

ゼイゼイ言いながらのレッスンだった。


レッスン後、先生とちょこっと話。。。

年末年始の事なんかを話していたら、

どうしてそんなに次から次へと頑張れるんですか?

と、聞かれた。

先生もそうじゃないですか?

と聞くと、やっぱりそうだと。

だいたいの場合、うまくいくと、もっとやりたくなるし、

うまくいかないと、まだまだと思うし、

気になる何かを見つけると、やってみたくて仕方がないし、

次を見失うと不安にもなる。

そうやって、次から次へ永遠のスパイラルを描き続けるのが人生だと思う。

しんどい姿勢をkeepするのは大変だけど、

keepしているうちに、もうちょっといけるんじゃないかと思ったりして、

更にしんどい姿勢をkeepしようと努力したりするように。


今、気になってる何かって、やってみたい事って何ですか?

と、聞かれ、

話しているうちに、自ずと来年の目標が明確になってきた。

いつもは年が明けてから、これにするか?と、焦って決める目標だったが、

いつになく早く言葉にできた。


先生も、共通の感覚でひらめきがあったようで、

お互いにスッキリした顔で師走の初レッスンを終えた。


今日もありがとうございます。
[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-03 13:49 | 日々のこと

朔日


伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。

朔日朝の営業の後、

久しぶりに朔日参りに行ってきた。

元旦以来かな?

普段は気が向いたときにふらっとお参りしてるけど、

やっぱり朔日は気分が違う。

今年最後の朔日ということもあり、

いろんなことがあったなぁ…と、思い返しながら御正宮に足を進めた。

いろんなこと思い出しながら、

今年は人人人の年だったなぁ…と改めて思う。

いろんな人と出会い、別れ、再会し、

いろんな人と話をして、

分かり合えることもあれば、分かり合えないこともあり、

別れてもつながっている人もいれば、

もう二度と会わない人もいるかもしれない。

人とのご縁は不思議なもので、

思ってもみない感情を巻き起こし、

化学反応のようにお互いに作用する。

出会いには何かしらの意味があるんだと思う。


縁あって関わったすべての人の健康と幸せをお祈りして、

感謝とともに朔日参りを終えた。


外宮さんも新年を迎える準備を着々と進めている。

私も、新しい年を新しい気持ちで迎える準備を進めるとしよう。


今月もありがとうございます。

d0177251_10131359.jpg

d0177251_10132549.jpg

[PR]


by ise-cocotte | 2014-12-02 10:14 | 日々のこと


小さな料理店店主の日記。
by ise-cocotte
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新の記事

多数決て何や?
at 2017-12-05 14:09
最後のアイロン
at 2017-11-29 16:36
11月のお知らせ
at 2017-10-20 16:50
9月の朔日粥
at 2017-08-26 11:50
ぬぬぬぬぬ〜 夏バテ
at 2017-07-27 22:20

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧