コトコト日記


働くということを考える人生


伊勢外宮前料理店 ココット山下 店主です。


今月、スタッフが2人退職する。

このことは、ただ、人手不足になる。

という事では片づけられない、私にとって意味を持つ大きな出来事である。


パン屋がオープンしてから採用したスタッフは皆、異業種からの転職者だった。

皆、独立開業したいという夢を持って入ってきてくれた。

頑張ります! やってみたいです!

と、意気込んで入ってきた彼女たちであったが、

皆、気持ちだけでは乗り切れない体力の壁にぶつかった。

走り切れないのだ。。。

このことには正直驚いた。

たまたま身体の弱い人ばっかり集まったのかな?

何でやろ?

自分が働いていた今までの職場には、そんな人は1人もいなかったのに…

考えてばかりいた。

で、ある日気がついた。

そうか、今までの職場では、労働環境に適合しない人は淘汰されていたんだ。

切り捨てられたり、諦めたり…

その判断があまりにも早かったために

記憶の中では、そんな人は存在しなかった事になっているんだ。


でも、それでいいの?

私自身も転職者だった。

幸い体力にも人にもチャンスにも恵まれて、

今もこの仕事を続けることができている。

偶然かもしれないけど、世の中そんな人ばかりでは無いはずだ。


労働時間を短くしたり、休みを増やしたり、

歩み寄ることで活路が見いだせたら…

と、できる限りの事はやってみた。

体力が無かったら無いなりの、

経験が無かったら無いなりの働き方ができるはずだ。と、思ったからだ。

やりたい! を実現するために、やり方を工夫したり、

努力をして補ったり、そういうことができるはずだ。と。


夢を諦めるのではなく、軌道修正しながら長い目で見て叶えていくやり方。

それを見つけていければ…と。


でも、彼女たちに希望の光を見せてあげる事は出来なかった。



今はまだ、体力もあって好きなだけ働ける自分ではあるが、

これから体力が落ちて行ったり、

結婚して家庭を持ったり、

子供を産んで家族との時間を持ったり、

そういうことを経験しながら、

仕事と人生のどちらも諦めない生き方を構築して

後輩たちに見せて行ってあげたいなぁ…と、思う。


問題があるから、目標ができる。


まだまだ諦めるわけにはいかないのだ。


今回、飲食業界を離れて新しい職種に挑戦するスタッフたちにエールを送りつつ、

飲食業を営む女性として、足元の問題を一つ一つ考えていきたいと

志を新たにした私であります。


きっと道はあるはずだ!


なんだか、散文… 読んでいただき今日もありがとうございます!










[PR]


by ise-cocotte | 2014-10-06 01:17 | 日々のこと


小さな料理店店主の日記。
by ise-cocotte
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

最新の記事

9月の朔日粥
at 2017-08-26 11:50
ぬぬぬぬぬ〜 夏バテ
at 2017-07-27 22:20
八月のお知らせ
at 2017-07-25 14:54
coco右衛門の会 (蕎麦と..
at 2017-07-15 07:45
出発!
at 2017-07-03 12:53

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧